iPhoneだとスマホ対応型キャッシングが利用できない?

スマホの普及とともに、スマホだけですべての手続きをすることができる「スマホ完結型キャッシング」というサービスが登場しています。

 

わざわざ店舗まで足を運ぶ必要がないというとても便利なサービスですが、さらに簡単かつ手軽に使えるようにキャッシング専用のアプリを提供している会社まであります。

 

ところが、このサービスはスマホの代表格であるiPhoneだと対応していない場合もあるのです。

 

iPhoneではスマホ完結型のキャッシングが利用できない理由@

 

スマホ完結型のキャッシングをiPhoneで利用できない理由を見てみましょう。

 

まず、スマホ完結型の魅力である「店舗まで行かなくてもいい」という部分の一つ、本人確認書類の提出についてのことです。

 

キャッシングを利用するためには本人確認できる書類である、運転免許証、パスポート、保険証、住基カードなどを提出する必要がありますが、スマホ完結型では店舗まで行かなくても、スマホのカメラでこれらを撮影した画像をアップロードするだけで終わらせることができます。

 

しかし、一部のiPhoneなどではアップロードを行うことができない場合があるため、スマホ完結型キャッシングを利用するのに支障が出てしまいます。

 

この場合、ファックスで送ることで代用可能な場合もあります。

 

iPhoneではスマホ完結型のキャッシングが利用できない理由A

 

もう一つの問題は、キャッシング会社が用意している専用アプリを起動できない場合があることです。

 

このアプリは、起動すればすぐに残高の確認や返済手続きなどを簡単に行うことができる便利なものです。

 

いちいちインターネットに接続し、キャッシング会社のサイトでログインして手続きをするという面倒な手間を省いてくれます。

 

しかし、一部のiPhoneの機種はこのアプリが利用できないのです。

 

このようにスマホ対応型キャッシングは一部iPhoneに対応していない場合もありますが、ほとんどの場合は問題なく利用することができます。

 

iPhoneを使っていてスマホ対応型キャッシングを利用してみたい方は、キャッシング会社の説明をよく確認しておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ